Banner_2

印刷

自然に優しいカルマットのテクノロジー

自然に優しいカルマットのテクノロジー

カルマットのシステムは物理的な水処理装置です。

通常、未処置水では、炭酸カルシウム結晶はイガのような構造 (図1)になります、この結晶はこの形で互いにくっついて、目に見えない、頑固で厄介なスケール沈着物を作ります。

カルマットは自然な方法でそのカルシウム結晶化を変化させます。この本体の装置は、配管に巻きつけたインパルス・ケーブルに作用する特別な高周波インパルスを水中に発生させます。


その炭酸カルシウム結晶はカルマットでの処置後、棒状の構造(図2)になります。この形での結晶は流線型をしているので、もはや配管の内部表面に付着することも、お互いにくっつく事も出来なくなり、スケールが沈着することはありません。
kalk_scale_arrow_grey その無害な棒状の炭酸カルシウム結晶(石灰棒)は微粒粉として水と一致に排出されます。


このカルマットの処置により、石灰棒の形成中、些少の炭酸が放出されて石灰と炭酸のバランスが変化します。
kalk_scale_arrow_grey 炭酸は自然な石灰溶媒であり、自然にも存在します。この放出された炭酸がわずかに多くなる事で、配管内に既存する石灰と錆びの沈澱物(スケール)はゆっくりと溶解されて除去されていきます。


炭酸はスケールを徐々に溶解しますから、残った石灰は管の金属と反応して、配管に薄い酸化被膜の防護層を残します。これは金属配管に有害な
kalk_scale_arrow_grey  侵蝕とピンホールを防ぐ酸化被膜の防護層を形成します。


カルマットで処置された水が配管から流出していく時、微粒粉となった石灰を、一緒に配管内から運び去ります。この水滴がキッチンやバスルームで乾燥すると、石灰の粉の跡を残します。しかし、頑固な汚れはなくなり、残りは湿った布で簡単で拭い取ることができます。
kalk_scale_arrow_grey 強烈な洗剤はもはや不要です。


カルマットは配管の外部に取付けられるので、水と直接接触する事なく、水を化学的に変化させる事はありません。
kalk_scale_arrow_grey  重要なミネラルや微量元素は、人体に吸収できる成分のまま水中に残ります。よって飲食物の自然の味はまったく変わりません。

Scale_Rust_Scale_Crystallization_thumb


Scale_Rust_Effects_thumb





 

Logo_BG

スケールおよび錆の問題


   quality_logo_row.png


Flag_US Flag_ES Flag_FR Flag_DE Flag_IT Globe_Gray